セキセイインコの一般的な入手先は主にペットショップや小鳥専門店です。

これはセキセイインコに限らず、すべてのインコに共通して言えること。

他にもインコの知識が豊富なブリーダーから入手する、知人から譲ってもらうなどもあります。


スポンサードリンク

セキセイインコの入手先

ペットショップや小鳥専門店で買う際に気をつけたいのは、インコの世話が行き届いているショップを選ぶこと。

ケージの環境やインコの状態、きちんとした知識を持ち、世話が行き届いているお店を選びましょう。

スタッフがちゃんと鳥に目配りをして、ヒナのさし餌をする時でも1羽1羽をよくチェックし、効率良くエサをあげている姿を見れば、良いお店であることもわかるはず。

また、鳥の種類が豊富なお店であれば、好みのインコも選べますし、質問にも適切に答えてくれることでしょう。

何軒かお店を回り見比べてみると、ここのお店「ケージも清潔にしてるし、インコも綺麗だし、店員さんの知識も豊富」なんてことがわかってきます。


インコの知識が豊富なプロのブリーダーから買う場合は、専門に扱っており一般のショップには中々いない珍しいインコが手に入りますし、飼育方法などもアドバイスしてもらえるのでおすすめです。

種類、性別、生後どのくらいか、主食は何を与えていたか、ケージの温度、世話で留意すべきことなど詳しく聞いておきましょう。

また、プロならではの拘りを持った人も多く、一方的に押しつけられることもあるそうなので、トラブルを避けるためにも、自分と考えが合うブリーダーさんを探して買うとよいでしょう。


インコを繁殖した知人からヒナを譲ってもらい里親になる場合は、親鳥を観察することができます。また譲って頂いた後も情報交換ができるのでおすすめです。

セキセイインコ(インコ)の選び方

上手な飼育をすることで10年以上も長生きするインコ。

外見や行動をしっかりとチェックし健康なインコを選ぶのがポイントです。


飼いたいインコの種類が決まったら、性別・年齢です。

オスとメスの区別は雛のときには難しいですが、手乗りインコにさせたいなら雛から飼うのがベストです。お店によっては手乗りとして育てたインコも居ます。


オスはメスよりもよく鳴き、メスはオスよりも気が強く人間の指(他色々な箇所)を噛んだりします。個体差はありますが、私の家で飼っているメスのインコは、みんな噛みます。

一羽だけ甘噛みではなく、本気で噛んできて痛いですwww


小鳥を飼うのが初めての方や雛から育てられない方は、さし餌を卒業した中ヒナや若鳥を選ぶのも良いでしょう。

雛からさし餌で育てないと普通は手乗りになりませんが、成鳥(大人)のインコでも、手を出しても怯えないインコを選び根気よく訓練することで手乗りになる場合もあります。

元気なセキセインコを選ぶポイント

●元気なインコは元気に動いて、エサをよく食べます。一方弱いインコはケージの底にうずくまったままや、寝ていたり、羽毛を常に膨らませていたりします。


●インコの目に「目やに」がついていないか?ぱっちりと綺麗に開いて「目もキレイ」か?確認します。


●羽は汚れがないツヤの良いインコを選び、羽が折れたりしていないか?両方の翼が脇にピタッと付いているか?確認します。


●お尻はフンで汚れていないか?総排出腔付近に出血や腫瘍はないか?確認します。


●鼻孔(鼻のまわり)の周囲が汚れていないか?鼻水が出ていないか?クシャミをよくしていないか?確認します。


●くちばしは伸びすぎや折れたりしていないか?吐瀉物(としゃぶつ)などで汚れてはいないか?くちばしの噛み合わせは問題ないか?確認します。


●前後に2本の対趾足(たいしそく)はあるか?指の欠けはないか?脚を引きずっていないか?脚が曲がったりしてないか?確認します。


チェックポイントはまだありますがこんな感じです。

ペットショップや小鳥専門店でもインコの健康状態を教えてくれますから安心してください。


あと、

セキセイインコを迎える前に、最寄りの動物病院を探しておくことも忘れずにしてくださいね。


セキセイインコの入手先とインコの選び方については以上になります。


スポンサードリンク